ホーム >  会社のご案内

企業理念・経営方針・行動計画

私たちは、生命科学の追究を基盤として、
世界の人々の健康で楽しい生活づくりに貢献します。

新潟中央ヤクルト販売株式会社は担当する地域のひとりでも多くの方の健康で楽しい生活づくりに貢献できるよう日々活動しております。商品に真心を添えて健康と楽しい生活をお届けいたします。

ヤクルトの原点、「代田イズム」 ~健康への情熱、発想。“世界の人々の健康を守りたい”~

代田 稔(シロタ ミノル)

1899~1982

医学博士

ヤクルトの創始者で医学博士の代田 稔が京都帝国大学(現在の京都大学)で医学の道を歩みだしたのは1921年。その当時日本はまだ豊かとはいえず、衛生状態の悪さから感染症で命を落とす子供たちが数多くいました。そんな現実に胸を痛めていた医学生時代の代田は、病気にかかってから治療するのではなく、病気にかからないようにする「予防医学」を志し、微生物研究の道に入ります。そこで乳酸菌が腸の中の悪い菌を抑えることを発見、これをさらに強化培養することに世界で初めて成功します。それが、今日「乳酸菌 シロタ株」と呼ばれる学術名 ラクトバチルス カゼイ シロタ株という乳酸菌です。その後、代田は、生きて腸内に到達し、有用な働きをする「乳酸菌 シロタ株」を、一人でも多くの人々に摂取してもらうため、有志と共に安価でおいしい乳酸菌飲料として製品化します。そして1935年、乳酸菌飲料「ヤクルト」の販売が誕生しました。

代田は、病気になってから治療するよりも病気にかからないようにする「予防医学」、腸を丈夫にすることが健康で長生きにつながる「健腸長寿」、そして一人でも多くの人に手軽に飲んでもらいたいという考えから「誰もが手に入れられる価格で」提供することを提唱しました。

世界の人々の健康を守りたい。代田 稔の情熱と発想、飽くなき探究心は、今も、脈々と受け継がれています。

新潟中央ヤクルト経営方針

平成26年6月1日、新潟ヤクルト販売株式会社と長岡ヤクルト販売株式会社が合併し、「新潟中央ヤクルト販売株式会社」が誕生しました。それに伴い、埼玉より初めての地、新潟へ社長として赴任いたしました。新潟県人の“温かさ”“まじめさ”“誠実さ”にちょっぴり“熱さ”を加え、『ステキな会社づくり』を目指し頑張っていきますので、今まで以上のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

さて、私の経営方針について述べさせていただきます。

1. 代田イズムをすべての価値判断の原点とします

すべての従事者のすべての行動は、代田イズム=「科学性に裏付けされた商品への自信」と「真心・感謝・愛に満ちあふれているか」を出発点とします。

2. 私たちに関係ある人々(ステークホルダー)を大切にします

お客様が感動し(ワクワク)、従事者が生きがいを感じ(イキイキ)、会社が豊かになり、取引先が安心し、地域から信頼される企業となります。

3. 企業の社会的責任(CSR)を果たします

(1) 経済性:企業である以上、実績を上げ続け、「納税義務」を果たし、「雇用を確保」することを大前提とします。
(2) 社会貢献:「コンプライアンス(法令遵守)」は当然のこととして、「安心・安全」「人権尊重」「環境への配慮」「情報開示」等の責任を果たします。

新潟中央ヤクルト行動計画

社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1. 計画期間

平成29年2月1日~平成34年1月31日までの5年間

2. 内容

目標1:平成29年4月までに、所定外労働時間を削減するため、定時退社日(ノー残業デー)を設定、実施する

<対策>

・平成29年2月  所定外労働時間の現状を把握

・平成29年3月  各部門ごとに問題点の検討

・平成29年4月~ 定時退社日(ノー残業デー)の実施

         定着を図るため、ノー残業デー当日メールにて一斉配信する

目標2:小学校就学始期までの子を持つ労働者を対象とする、1日6時間短時間勤務制度の導入と周知

<対策>

・平成29年1月  法改正に伴い就業規則・育児休業および介護休業規程の見直し

・平成29年1月  就業規則・育児休業および介護休業規程改訂

・平成29年2月~ 制度導入

・平成29年2月~ 電子掲示板等による社員への短時間勤務制度の周知

4週間体感商品情報
ヤクルト400お試し体感
ヤクルト400LTお試し体感
ミルミルSお試し体感
ヤクルトレディ
ヤクルトレディのお仕事
ヤクルトレディの1日
ヤクルトの安心保育
ヤクルトレディ募集
会社のご案内
企業理念・経営方針・行動計画
会社概要
事業所・センターご案内