ホーム >  会社のご案内

企業理念

私たちは、生命科学の追究を基盤として、
世界の人々の健康で楽しい生活づくりに貢献します。
(ヤクルトグループ共通の企業理念です)

創業の精神

ヤクルトの原点、「代田イズム」 ~健康への情熱、発想。“世界の人々の健康を守りたい”~

代田 稔(シロタ ミノル)

1899~1982

医学博士

ヤクルトの創業者で医学博士の代田 稔が京都帝国大学(現在の京都大学)で医学の道を歩みだしたのは1921年。その当時日本はまだ豊かとはいえず、衛生状態の悪さから感染症で命を落とす子供たちが数多くいました。そんな現実に胸を痛めていた医学生時代の代田は、病気にかかってから治療するのではなく、病気にかからないようにする「予防医学」の確立をめざし、微生物研究の道に入ります。そこで乳酸菌が腸の中の悪い菌を抑えることを発見、これをさらに強化培養することに世界で初めて成功します。それが、今日「乳酸菌 シロタ株」と呼ばれるものであり、その後、代田は、生きて腸内に到達し、有用な働きをする「乳酸菌 シロタ株」を一人でも多くの人々に摂取してもらおうと、有志と共に安価でおいしい乳酸菌飲料として製品化します。そして1935年、乳酸菌飲料「ヤクルト」が誕生しました。

<科学者、医者として>

(1)病気になってから治療するよりも病気にかからないようにする「予防医学」

(2)腸を丈夫にすることが健康で長生きにつながる「健腸長寿」

(3)一人でも多くの人に手軽に飲んでもらいたいという考えから「誰もが手に入れられる価格で」提供する

ことを提唱しました。

<人として>

従事者に「真心・感謝・愛・和」を訴え、
この科学性にハートをプラスしたものを「代田イズム」として私たちは先人から受け継ぎ、この後、永遠に語り継いでいきたいと考えています。

新潟中央ヤクルト経営方針

1. どんな会社をめざすのか

 2014年新潟ヤクルトと長岡ヤクルトが合併して「新潟中央ヤクルト」が誕生した時、社員アンケートから採択され、決起大会で全社員で唱和したのは、

<2014 新潟宣言>

”私たちは新潟県で一番ステキな会社をめざします”

ステキな会社とは、

1つ この職場で働いて良かったと思える会社

2つ 笑顔にあふれ、明るく元気な会社

3つ 上下・部署間の風通しが良い会社

4つ 協力・相互援助など、お互いが支え合っている会社

5つ 地域から愛される会社

でした。

 経営者としては、
従事者が”この会社で働いて良かった”と思え、親御さん達が”子供や孫を是非入社させたい”と言ってくださる会社をめざします。

2. 経営判断の基準は

 ヤクルトの生みの親「代田稔」の考えとして、80年以上綿々と受け継いできた「代田イズム」を諸判断の基準とします。

代田イズムとは:

”科学性に裏付けされた商品への絶対的信頼と自信”に、人間としての”真心・感謝・愛・和”というハートの部分を加えるという創業以来変わらぬ全世界共通のヤクルトの理念です。

例えば、扱い商品は科学的根拠(エビデンス)があるか、従事者の対人関係は真心にあふれているか、ウソやおごりはないか等で判断します。

3. 会社として社会にどう貢献するのか

(1)

代田稔はヤクルトを「国民皆飲」してもらい、「国民皆健康」を究極の理想としてヤクルトを作りました。

その考えを引き継ぎ、受持った地域の人を健康にするのが、我々販売会社の使命です。

私たちは「新潟県民皆飲」を旗印に、新潟県民全員の健康をめざして「商品に真心」を添えてお届けしていくのが、社会への貢献の最重点目標です。

(2) 人々が健康になる対価として、お客さまからお金をいただき、経営のムダを省き、「利益」を出し続け、きちんと「税金」を払い、従業員の給与を上げ、賞与を出し、「雇用」を確保し、会社を永遠に存続させることが社会貢献の二つ目です。
(3) さらに企業として成り立たせながら「環境への配慮」「安心・安全の堅守」「設備等の美化」「協賛・寄付」や「各自治体と連携した活動」(例:子供見守り隊、AEDの設備 等々)を積極的に展開することで、地域社会へ貢献します。

4. 「新潟中央ヤクルト」ブランド力向上をめざして

 社内の意識を統一させ、外へ向かって発信・活動することによって、それを絶え間なく続けることによって「新潟中央ヤクルト」のブランド力は高まり、企業の永続化につながることを確信しています。

4週間体感商品情報
ヤクルト400お試し体感
ヤクルト400LTお試し体感
ミルミルSお試し体感
ヤクルトレディ
ヤクルトレディのお仕事
ヤクルトレディの1日
ヤクルトの安心保育
ヤクルトレディ募集
会社のご案内
企業理念・経営方針・行動計画
会社概要
事業所・センターご案内